2013年03月13日

平成24年度 冬のミクニ塾



                            と き  平成25年 3月 3日(日) 
                            ところ  増毛町保健センター2F
                            講 師  すが宗 菅原 豊 氏 
1.開  会                     

2.あいさつ
3.料理教室「鯖の押し寿司」         s-IMGP1058.jpg     

 平成24年度最後の増毛ミクニ塾。
 講師は町内の寿司店「すが宗」の菅原豊氏を講師に招き開催。
 菅原氏の料理教室はプロの和食の技を教わることが出来ると塾生にとても人気。
 今回の料理教室は鯖の押し寿司。語源はポルトガル語からきています。
 本来お米は、米に対し1割5分増しの水で炊きますが、今回は1割増しの水で固めに炊きます。
 合わせ酢は米1升に対し、酢180ml、砂糖140g、塩40g。お米が熱いうちに混ぜましょう。
 今日使う酢飯は少し温かいですが、押し寿司は保存食として作られていたので押し寿司を
 作る場合は酢飯が冷めてから使ってください。
 鯖の上に白板昆布を載せると一段とおいしくなるので使ってみてください。
 s-IMGP1067.jpg   s-IMGP1071.jpg
教室終了後、塾生達の料理実習。菅原氏に手ほどきを受けながら押し寿司を作り、
塾生が出品した料理と一緒に試食した。
s-IMGP1073.jpg   s-IMGP1085.jpg
塾生出品料理
s-IMG_1648.jpg s-IMG_1646.jpg s-IMG_1645.jpg
      りんご羊羹        ハックナインとあさひの     身欠きニシンの飯寿司
                        アップルパイ

s-IMG_1644.jpg s-IMG_1643.jpg s-IMG_1654.jpg
   根野菜のパリパリ漬け   身欠きにしんと昆布の旨煮   すが宗 お手製料理

冬のミクニ塾を持ちまして平成24年度の事業をすべて終了いたしました。
ご支援・ご協力をいただいた関係者の方にお礼を申し上げます。

4月には平成25年度塾生の募集も始まりますのでよろしくお願いいたします。


      
posted by ミクニ at 17:20| 日記

2012年11月16日

2012特別事業

平成24年増毛ミクニ塾の特別事業、増毛の果物を利用したスイーツ研究。
11月14日、増毛町保健センターで開催されました。。
昨年度に引き続き2度目の開催で、今年度も札幌の人気店シイヤのパティシエ堀尚史氏が講師。
堀パティシエは、増毛町出身。フランスでの修行経験もあります。
今日のお菓子は、クラフティー ポワール。
クラフティーとは、プリンに似たフランスでポピュラーな焼き菓子。
ポワールとはフランス語で梨のこと。
講師が作り方を説明したあと塾生がお菓子作りに挑戦。
洋梨の他果物なら何でもいいということです。
増毛は、果物がたくさんありますので応用が利きそうです。
kyousitu.jpg kyousitu (1).jpg
kyousitu (2).jpg kyousitu (3).jpg

☆作り方
 @ 卵とグラニュー糖、バニラシュガー、アニスパウダー、塩を泡立てないように混ぜる。
 A @にコーンスターチを混ぜ合わせ粉っぽさを無くす。
 B Aに生クリームと牛ニュを一緒にしたものを2~3回に分けて合わせ、ハチミツを入れる。
 C 梨は2センチ角にカット。
 D 器に梨を入れBの卵液を注ぎ180度のオーブンで30~40分焼く。
 E 冷めたら粉糖を振りかける。

☆材料 直径15センチの器
 ・ 生クリーム 100c
 ・ 全卵      50c
 ・ 卵黄      16c
 ・ 牛乳      100c
 ・ グラニュー糖 50c
 ・ 洋梨      1個(約250c)
 ・ コーンスターチ25c
 ・ はちみつ    20c
 ・ バニラシュガー 大さじ2分の1
 ・ アニスパウダー 大さじ2分の1
 ・ 塩         少々

posted by ミクニ at 07:00| 日記

2012年11月09日

秋のミクニ塾2012

増毛の素材を使用したフランス料理研究とマナー教室の増毛秋のミクニ塾。
akimikkuni1.jpg
平成24年10月13日開催。
平成19年からミクニサッポロで始まり、今年で6回目の開催となりました。
akimikkuni1 (1).jpg akimikkuni1 (2).jpg
今年の参加者55名。参加料7000円。(2ドリンク付き)
今年の増毛町の素材は、エゾアワビ、ボタンエビ、甘エビ、鰤、つぶ貝、キタアカリ、あかねりんご。
料理の合間には、フランス料理のテーブルマナー教室が行われました。

アミューズは、増毛産ボタンエビのマリネ。
akimikkuni1 (3).jpg

前菜は、増毛産帆立貝のムースリーヌ甘海老、蝦夷鮑、つぶ貝のフリカッセと帯広・山西さんのゆりねのフリット和え。
akimikkuni1 (4).jpg

魚料理は、増毛沖・鰤のグリエ 蘭越町の田中さんがつくった丸茄子とピューレ和え ビーツのヴィネグレットソース。
akimikkuni1 (5).jpg

肉料理は、白老町・阿部さんが育てた“あべ牛”のロティ 古村さんのつくった“キタアカリ”のピューレとクレソン添え。
akimikkuni1 (6).jpg

デザートは、国稀純米酒を使ったブロンマンジュ。
akimikkuni1 (7).jpg

コーヒー・小菓子は、増毛あかねりんごのタルト。
akimikkuni1 (8).jpg

今年のテーブルマナー教室は、料理の合間のお話しやクイズ形式でも行われました。


posted by ミクニ at 14:47| 日記

2012年08月28日

平成24年度 夏のミクニ塾

と き 平成24年8月19日(日)
ところ オーベルジュましけ

オーベルジュましけで開催された夏のミクニ塾。
夏のミクニ塾は、食の宝庫である増毛町の食材についての研究も実施。
今年は、増毛漁業協同組合の三國賢一事業課長がウニの種類や漁法、
美味しい見分け方など20分にわたり講演。続いてオーベルジュましけの
伊藤シェフの料理教室。
s-DSC_0010.jpg s-DSC_0023.jpg
「雲丹とホーレン草のクリームパスタ」と「夏野菜と蛸のマリネサラダ」を指導。
今回は増毛産のウニを贅沢に使用し、麺は、留萌産ブランド小麦ルルロッソの麺を使用。
ウニとよく合うホーレン草と合わせた。
マリネは肉や魚、野菜などを酢やレモン汁等の漬け汁に浸す料理。
ビネグレット(ドレッシング)は焼いた魚・蒸した魚にも応用できる。辛さや酸味は自分の好みに
あわせて作ることもできる。料理教室の後、熟成らがテーブルごとに料理実習。
s-DSC_0040.jpg s-DSC_0050.jpg
その後の試食では、「雲丹とホーレン草のクリームパスタ」はあっさりしていて食べやすい。
「夏野菜と蛸のマリネサラダ」辛みと酸味のバランスが良く、さっぱりしていて夏にピッタリで
美味しいとの感想。その他にも地元のパン屋・スカンピンのバゲットとフォカッチャ、
古村農園直営ふるふるトマトのその日の朝に収穫したトマトので作った
「フレッシュトマトジュース」も併せて試食
s-DSC_0029.jpg s-DSC_0036.jpg
○雲丹とホーレン草のクリームパスタ    ○夏野菜と蛸のマリネサラダ
s-IMG_0756.jpg s-IMG_0751.jpg
○バゲットとフォカッチャ            ○フレッシュトマトジュース
posted by ミクニ at 10:05| 日記

2012年06月07日

平成24年度 開講式・春のミクニ塾

                                                                                                        と き 平成24年5月20日(日)
                                                                                                        ところ  オーベルジュましけ

 開講式

 ・
開会の言葉
 ・増毛町副町長 酒井 倫明 あいさつ
 ・花田 健二 副塾長 あいさつ
 ・来賓の紹介
 ・年間カリキュラムの説明
            
                                s-DSC_0005.jpg

花田副塾長あいさつ
 
 本日は開講式・春のミクニ塾にご出席いただきありがとうございます。
 塾長である三國シェフが多忙のため出席することが出来ません。
 上川町にフレンチとイタリアンを融合させたレストランをプロデュースする予定も
 ありますので機会があれば是非一度ご来店ください。
 来年の開講式・春のミクニ塾のスケジュールはもう押さえているようなので
 塾生の皆さんご安心ください。
 今年度も一年間どうぞよろしくお願いいたします。
             s-s-DSC_0009.jpg

伊藤シェフの料理教室
           
〜エビとプチトマトのケチャップマヨネーズ炒め〜
三國清三の「おうちでフレンチ」という
本の28ページです。
この本は美味しく料理ができる
レシピになっています。
                     s-DSC_0027.jpg 

中華で人気の高いエビのマヨネーズ炒めに野菜を加えてミクニ流にアレンジします。
甘く、酸っぱく、やわらかく、歯ごたえがあり、いくつもの味と食感が楽しめます。
今回は車エビの代用でブラックタイガーを使います。
サラダ菜の代わりにレタスやサニーレタスなどを使っても美味しくできます。
フライパンにオリーブオイルを熱し、リンゴ、ブロッコリー、カリフラワー、
ブラックタイガーを炒め、マヨネーズソースを絡ませる。
敷いたサラダ菜の上に盛りつける。彩りがよく、野菜もたっぷりとることができます。

s-DSC_0031.jpg  s-s-DSC_0007.jpg



                                                       
posted by ミクニ at 09:53| 日記

2012年03月08日

平成23年度 冬のミクニ塾 料理教室

                                      とき 平成24年 3月4日(日)
                                      ところ 増毛町保健センター2F
                                      講師 すが宗 菅原  豊 氏


1.開会                                     
2.あいさつ
  増毛ミクニ塾 副塾長 花田 健二
3.料理教室 「ウニめしとお吸い物」 
                                 huyunomikuni.jpg                                                


 平成23年度最後のミクニ塾。
 出席した塾生は27名。冬のミクニ塾は、毎年この時期に増毛の寿司店「すが宗」の
  菅原豊氏を講師に開催。
 菅原氏は、冬のミクニ塾で平成19年度から連続して5回目の指導。
 今回の料理教室は、ウニの炊き込みご飯とお吸い物の作り方。
 炊き込みご飯は、出汁がみそ。出汁は、1gの水に対し、
  昆布20cを入れて40分間60度くらいで煮る。
  次にカツオ20cを1分30秒入れて作る。 炊き込みご飯は、
  この出汁を10,醤油1,酒1,の割合で味付け。
  ハタハタの魚しょう油を少し入れるのがプロのコツ。
 米は、ゆめぴりか5合、ななつぼし5合、一升に対し味付けした出汁を1.6g
  ウニは今回多めに800c。ガス釜は、25分ほどで炊きあがるので、
  炊きあがったら10分間蒸して混ぜる。

      huyunomikuni (1).jpg           huyunomikuni (2).jpg

 お吸い物は、増毛の縞エビ、アワビ、春菊、しめじを用意。
 縞エビは背割りをし、アワビは貝を付けたまま1時間蒸したもの。出汁は昆布とカツオ。
 塩の目安は0.5%。塩を控えることによりだしが生きる。
  柚や木の芽なども是非使ってみて下さい。
 

 今回のウニは、輸入品のチリ産を使用していますが、以前と比べて味が良くなりました。
  増毛町の前浜のウニを使うときにはウニを煮た煮汁も使用する。
  ウニは、蒸すより煮る方が美味しい。煮るときはだし汁で煮て、
  ウニはキッチンペーパーで受け、 ウニを冷凍保存し使用する。
 料理教室終了後、ウニめしとお吸い物、塾生出品の料理とすが宗の
  にしんの加工三品の試食をして終了した。
 
      huyunomikuni (3).jpg             huyunomikuni (4).jpg


   塾生の出品

   huyunomikuni (6).jpg   huyunomikuni (5).jpg  huyunomikuni (7).jpg 

    ぬか漬けの切り干しダイコン         豆イカのみそ煮       うぐいす餅と桜餅
    甘酒パンケーキりんご入り

    すが宗の出品
    
    huyunomikuni (9).jpg    huyunomikuni (8).jpg   huyunomikuni (10).jpg
       にしんピリ辛味           にしん味噌          鰊のままかり漬け

    

posted by ミクニ at 11:53| 日記

2012年01月26日

増毛の果樹を使用したスイーツ研究

   と き 平成24年1月18日(水)午後2時
  ところ 増毛町保健センター2階厨房   
1.開  会
2.あいさつ  花田副塾長
3.増毛町の果樹(リンゴ)を使用したスイーツづくり
 
講 師:〔パティスリー「SHIYA」(札幌市) 
パティシエ  堀  尚 史  氏 
     今日のスイーツ「タルト オ フロマージュ ポンム」
(Tarte oux Fromage Pomme)
DSC_0016.jpg DSC_0030.jpg

平成18年度に開講した増毛ミクニ塾で本格的なスイーツづくり。

札幌の人気店シイヤの増毛出身パティシエ堀尚史氏を講師にタルト フロマージュ ポンムの作り方を学習。

今回のお菓子は、増毛のりんご「ハックナイン」使用したもの。

堀講師が事前にりんごのコンポート、スポンジ、サブレなどを用意。

塾生は6人ずつグループに分かれムースづくりに挑戦し、18pのホールを作り上げました。

DSC_0040.jpg DSC_0048.jpg
posted by ミクニ at 14:23| 日記

2011年12月15日

平成23年度 秋のミクニ塾

増 毛 秋 の ミ ク ニ 塾
 〜増毛の素材を使用したフランス料理研修会とマナー教室〜
 
 

と き  平成23年11月12日(土)
     
午後0時〜午後2時30分
ところ  札幌市 ミクニサッポロ  

DSC_0282.jpg

料理長      小 川 主 水
ディレクトール 我 妻 博 之
参加者     塾生等 56名
事務局           3名
 計          59名


ミクニサッポロ 小川主水 料理長による本日の料理説明

P1100426.jpg

 みなさまこんにちは。
 今回で5回目のミクニ塾で、今までは10の中旬に実施しておりました。今年は、11になりましたので、食材を少し変えてみました。
 三國シェフがベルサイユ宮殿でお出しした金箔料理を増毛の食材と絡めて、三國シェフと同じ味に仕上げています。
 本日使用する増毛町の食材は、カスベ、甘エビ、鱈、ホタテ、りんご、國稀ですが、メインディッシュは、焼尻島の子羊を用意しました。この肉は、非常に貴重なもので、私が東京で修行していた時に使用していました。味を良くかみしめていただくと分かると思うのですが、この羊はサフォーク種といって一番食べて美味しいといわれているものです。
 
料理をお出しながら説明もしたいと思います。



ミクニサッポロ ディレクトール 我妻博之

 
これからお料理が出て参りますが、今日のテーブルマナーは、5回目ですが事務局からの要望で基礎的なマナーをスタッフから説明させていただきます。
 
本日の料理は、過去5回の中で一番費用がかかっていると思います。十分に期待していただいて良いと思います。

DSC_0275.jpg



アミューズ 
増毛産カスベと生ハムのベニエ

P1140895.jpg

 先付みたいなものですが、カスベをほぐし、生ハムで巻いたものに衣を付けて揚げています。衣ですが、メニューの裏にベニエ生地の作り方を載せてあります。薄力粉、コーンスターチ、ベーキングパウダー、ビールを使用しています。フランス風の天ぷらのイメージです。下のソースは、タルタルソースで、カレー粉も使用しています。

 
ナプキンの使い方を説明させていただきます。
 
一度全部開いていただきます。正式なナプキンの使い方は、折り目を手前にして二つ折りにして膝にかけていただきます。
 
テーブルマナーは、あくまで自分のことよりも他のお客様に配慮することが根本にありますので、きれいに見える状態で使用していただきます。
 
席を離れるときは、イスに軽くたたみ置いていって下さい。

 パンをお配りしておりますが、本日はこのようなテーブルに丸く座っていただいておりますので、左側にあるパンをお召し上がり下さい。人間の心理として右側のパンに手を出しそうになりますが、そうすると混乱してしまいます。
 
こちらのパンは、ハルユタカを使用したミクニサッポロで焼き上げたものでございます。
 
ナイフでカットしているお客様もいらっしゃいますが、手でちぎってお召し上がり下さい。表側は固くても裏側は柔らかくなっていますので簡単にちぎることが出来ると思います。



前 菜
カナダ産オマール海老、増毛産甘エビと帆立貝のうま味ジュレ
金沢の金箔包み

P1140898.jpg

 
金沢の金箔をジュレで包んだものですが、真ん中のジュレは利尻昆布と鰹節でだしを取り、オマール海老、増毛産甘エビ、ホタテを包んでいます。
 
甘エビは、茹でるとつぶれた感じになりますが、この甘エビは新鮮ですので、火を通してもプリッとしています。
 真ん中のジュレは和食の味わい。まわりのピンク色のソースは、シャンペンベースのソースで生クリームとオマール海老の脳みそをソースに混ぜ込んでいますので海老の味がするソースとなっています。
 
この料理は、ベルサイユ宮殿で三國シェフがお出ししたものですが、和食とフランス料理という三國シェフらしい料理です。

 
フォークとナイフですがもともとは銀製でフランスでは皇族だけが使用したものでございます。銀は毒に反応するという特性からナイフ、フォークだけでなくポットにも使用されておりました。
 
ミクニサッポロで使用しているナイフとフォーク類はフランスのクリストフルのブランドものでございます。エリーゼ宮で使用されているものと同じブランドで世界中の一流レストランで使われているものでございます。



魚 料 理
増毛沖 真鱈のクルスティアン焼き 
古村さんのじゃが芋と真狩産ポロ葱の“ポタージュベイザンヌ”和え
 
ビストー風味


P1140902.jpg


 増毛沖の真鱈は、表面に小麦粉をうち、フライパンでポワレして、タチは、クールブイヨンで下茹でしたものに卵白を漬け、パン粉をつけ、フリットしています。また、ジャガイモはポロ葱とともにスープ、オリーブオイルを加えたピューレ、細切りにしてフリットにしています。鱈とじゃが芋の様々な味の組み合わせを楽しんでいただくための一品に仕立てました。

 
フォークは、お魚の料理ですとフォークの先が3本、お肉料理ですと4本になっております。

魚は身が柔らかく身を崩さないように3本となっており、お肉は、くずれませんので先が4本のフォークとなっております。

 ワインは、赤と白がありますが、一般的にはお魚には白、お肉には赤といわれております。今日のお料理でうま味のジュレや増毛産の真鱈のお料理の色合いは、どちらかというと淡い色で、メインディッシュの焼尻産の子羊のお料理は、色が濃くなっております。
 色の淡い料理には白ワインを色の濃い料理には赤ワインを合わせていただくという方法もございます。お肉料理でも鳥の料理だとお好みですが白ワインを合わせることもありますし、カツオやマグロといった色の濃いお魚ですと赤ワインがおもしろいと思います。このように料理の色に合わせてワインを選んでいただいても良いと思います。



肉 料 理
焼尻島・大井さんが育てた子羊(サフォーク種)“プレ・サレ焼尻”
カボチャのピューレと舞茸添え

P1140905.jpg

 当店の入り口に焼尻の子羊の証明書が飾ってありましたが、今日は7ヶ月の子羊で、二分の一頭を皆様60人分に分けております。
 
お皿の右手にあるボールみたいなものは、ミンチにした肉で、腕、もも、背肉、バラなどの部位の焼きに出来ない小さなお肉にスパイスを入れ、練り合わせたものです。堅めだと思うのですが、お肉の食感を出すためにつなぎを使わずに仕上げ、上にマスタードとパン粉を塗っています。
 
左の方のお肉は、スライスしてローストしたお肉ですが、もも肉、背肉、ヒレ肉などそれぞれの部位が皆様のお皿の上にのっています。ロースは背中の部分のお肉ですが、私はお肉を見たらどの部分かすぐに分かります。
 ちなみにヒレ肉は、今日は3人前しかとれていません。子羊一頭でいろいろな部分のお肉が楽しめます。

 
ワインの飲み頃の温度ですが、白ワインは冷蔵庫で冷やして飲むと思いますが、赤ワインの温度が難しいと思います。今の時期ですとそのままでいいのですが、夏の暑い時期だと30度ぐらいになってしまいますので、飲む前の2〜3時間前に冷蔵庫に入れて冷やして飲むとちょうど良い温度になると思います。3人でボトル1本を頼みますと一人当たり250CCぐらい。一人一杯半ぐらいだと思います。
 だいぶ以前、アメリカの雑誌でヨーロッパ人がアメリカ人に比べて心疾患が少ないのは赤ワインを飲んでいるからという記事が載り、その後アメリカで赤ワインがブームとなり、日本で人気が出たと言われています。



デザート
滝上町月村さんが作ったフロマージュブランの “クルメダンジュ”
増毛・佐藤果樹園のりんごのシャーベットと國稀風味のコンポート添え

P1140908.jpg

 りんごは、皮をむき、カットして國稀といっしょにコンポートしたものをシロップにバラの風味をつけています。
 
また、シャーベットは、生のりんごを皮付きのままミキサーにかけシャーベットにしています。
 
フロマージュブランのムースと共にりんごを楽しんでいただけるよう色彩的にもこだわりました。



コーヒー・小菓子


P1140925.jpg




小川シェフの料理教室
 
昨年に引き続きミクニサッポロキッチンで小川シェフによる料理教室を会場の塾生を半分に分けて実施しました。
 料理教室は、メニュー の裏にあるベニエの生地の作り方で、それを使用しりんごなどを揚げて塾生に紹介しました。

P1140914.jpg
  
               

 

posted by ミクニ at 15:43| 日記

2011年09月02日

平成23年度夏のミクニ塾

平成23年度  夏のミクニ塾 (増毛ミクニ塾 


と き  平成23年8月21日(日)
ところ  オーベルジュ ましけ  


オーベルジュましけで開催された夏のミクニ塾。

ミクニ塾は、増毛出身フランス料理家三國清三シェフが塾長を務め、季節ごとに年4回の開催。
夏のミクニ塾は、食の宝庫である増毛町の食材についての研究も実施。
今年は、最北の果樹地域である増毛町の果樹について、町佐伯義晃経済課長が安全安心の美味しい増毛の果物について40分にわたり講演。
続いてオーベルジュましけの伊藤シェフの料理教室。
DSC_0011.jpg

natumikuni (1).jpg

「タコのガスパチョ」と「甘エビと生海のりのタリアッテレ」を指導。
ガスパチョは、スペイン料理でトマト、キュウリ、ピーマン、タマネギなどの野菜をミキサーにかけてオリーブオイルや塩で味付けた冷たいスープ。
タリアッテレは、パスタの種類で幅4oの麺のこと。
この日の麺は、留萌産ブランド小麦ルルロッソの生麺を使用。
natumikuni (2).jpg

natumikuni (3).jpg

タコのガスパチョは、増毛のミズダコやトマト、キュウリ、ピーマンなどを使い、三國シェフが執筆した「おうちでフレンチ」に掲載されています。
料理教室の後、塾生らがテーブルごとに料理実習。
その後の試食では、タコのガスパチョは、見た目よりもさっぱり感がありとてもヘルシー。
タリアッテレは、活甘エビの味と生海のりの香り、もちもち麺がとても美味しいとの感想。
natumikuni (4).jpg
  タコのガスパチョ
natumikuni (5).jpg
甘エビと生海苔のタリアッテレ

posted by ミクニ at 16:37| 日記

2011年06月13日

平成23年度開講式と春のミクニ塾

平成23年度  開講式・春のミクニ塾 
と き 平成23年5月29日() 
ところ オーベルジュましけ  
開講式
 
  ・ 開会の言葉  
 
・ 増毛町長 石崎大輔 あいさつ
  ・ 三國清三塾長 あいさつ
  ・ 副塾長、来賓の紹介
  ・ 年間カリキュラムの説明   

三国シェフあいさつ 

DSC_0014.jpg 
  
 
今回の大震災に対して北海道でも東京、京都、福岡でも料理人がチームをつくって支援を考えています。私は、気仙沼の食大使をやっていますので青森経由で5時間かけてディナーを作ってきました。6月6日にも8時間かけて30人ぐらいでバスを貸し切り気仙沼の小学生にランチを作ることになっています。また、料理を作っている料理屋さんの支援もしていこうと考えています。こんな活動もありますので、増毛ミクニ塾の気持ちを届けたいと思っています。 次にソロモン流で放映されたベルサイユの話です。先ほど國稀の社長さんから「最近テレビなどへの露出が多いですね」と言われましたがこのあいだのソロモン流がたまたま出たので多く感じたのかもしれません。食が世界遺産に登録されたのは異例のことです。フランス料理が世界遺産になり、日本料理、中華料理も登録される可能性があります。日本料理も世界遺産に登録し、イメージアップを図ることが不可欠ですが、それを誰も気づいていないんです。韓国でも3年前から動いています。アジアでは日本料理の方が浸透しているのに、戦略的な方策が必要と思っています。京都の料理家と一緒に何とか日本料理を世界遺産に登録させたいと思っていますが、日本のトップが動かなければ世界遺産には登録されません。 
DSC_0040.jpg


 増毛ミクニ塾の秋のミクニ塾がミクニサッポロで11月12日(土)に計画されていますが、ソロモン流のテレビに出たベルサイユ宮殿で出したオマール海老の金箔料理を再現したいと思っています。
フランスにはガトーショコラという金を少し使うことはあるのですが、何故金箔を使ったかと言いますとベルサイユ宮殿が全部金で覆われていますので、オマール海老の爪が全部金で覆われていたものだから、余り驚かないフランス人でものけぞって驚いたわけです。三國の背が低いので一番前を歩きました。11月12日は、是非ミクニサッポロで99%の金箔料理を召し上がっていただきたいと思います。今年も一年間よろしくお願いします。  

三國シェフの料理教室
   
 〜甘エビとグレープフルーツのハニーーサラダ〜 

DSC_0023.jpg

三國清三の「おうちでフレンチ」という本の28ページです。この本は美味しく料理ができるレシピになっています。 増毛ミクニ塾の教科書としたいと思いますのでご購入下さい。購入いただいた塾生にはサインをさ
せていただきます。
 
 
甘み、酸味、苦味、塩味、うま味の5つの味を感じることができます。甘エビは皮をむき、グレープフルートは皮をむき、残りは絞ってしぼり汁に。ドレッシングは、粒マスタード、しょう油、ハチミツ、オリーブオイル、グレープフルーツの絞り汁。
 順番を間違えないように。甘エビ、サヤインゲン、グレープフルーツをドレッシングに絡めて味をなじませます。

 DSC_0033.jpg


 長めに漬けておくとマリネぽくなり、グレープフルーツの甘酸っぱさ、甘エビの甘さが引き立ちます。
今回はインゲンですが、カリフラワー、ブロッコリー、アスパラなど何でもいいです。サラダ菜を敷き、絡めた材料をのせ、マヨネーズを細く絞り出して飾ります。あっさりと美味しくいただけます 

三國シェフとの交流会
 

料理教室に引き続き、オーベルジュましけの中庭において、三國シェフを囲んで交流会が開催されました。焼き肉やホタテ、甘エビ、はたはた等のバーベキューを楽しみ、三國シェフと塾生が交流しました
posted by ミクニ at 10:36| 日記