2012年11月16日

2012特別事業

平成24年増毛ミクニ塾の特別事業、増毛の果物を利用したスイーツ研究。
11月14日、増毛町保健センターで開催されました。。
昨年度に引き続き2度目の開催で、今年度も札幌の人気店シイヤのパティシエ堀尚史氏が講師。
堀パティシエは、増毛町出身。フランスでの修行経験もあります。
今日のお菓子は、クラフティー ポワール。
クラフティーとは、プリンに似たフランスでポピュラーな焼き菓子。
ポワールとはフランス語で梨のこと。
講師が作り方を説明したあと塾生がお菓子作りに挑戦。
洋梨の他果物なら何でもいいということです。
増毛は、果物がたくさんありますので応用が利きそうです。
kyousitu.jpg kyousitu (1).jpg
kyousitu (2).jpg kyousitu (3).jpg

☆作り方
 @ 卵とグラニュー糖、バニラシュガー、アニスパウダー、塩を泡立てないように混ぜる。
 A @にコーンスターチを混ぜ合わせ粉っぽさを無くす。
 B Aに生クリームと牛ニュを一緒にしたものを2~3回に分けて合わせ、ハチミツを入れる。
 C 梨は2センチ角にカット。
 D 器に梨を入れBの卵液を注ぎ180度のオーブンで30~40分焼く。
 E 冷めたら粉糖を振りかける。

☆材料 直径15センチの器
 ・ 生クリーム 100c
 ・ 全卵      50c
 ・ 卵黄      16c
 ・ 牛乳      100c
 ・ グラニュー糖 50c
 ・ 洋梨      1個(約250c)
 ・ コーンスターチ25c
 ・ はちみつ    20c
 ・ バニラシュガー 大さじ2分の1
 ・ アニスパウダー 大さじ2分の1
 ・ 塩         少々

posted by ミクニ at 07:00| 日記

2012年11月09日

秋のミクニ塾2012

増毛の素材を使用したフランス料理研究とマナー教室の増毛秋のミクニ塾。
akimikkuni1.jpg
平成24年10月13日開催。
平成19年からミクニサッポロで始まり、今年で6回目の開催となりました。
akimikkuni1 (1).jpg akimikkuni1 (2).jpg
今年の参加者55名。参加料7000円。(2ドリンク付き)
今年の増毛町の素材は、エゾアワビ、ボタンエビ、甘エビ、鰤、つぶ貝、キタアカリ、あかねりんご。
料理の合間には、フランス料理のテーブルマナー教室が行われました。

アミューズは、増毛産ボタンエビのマリネ。
akimikkuni1 (3).jpg

前菜は、増毛産帆立貝のムースリーヌ甘海老、蝦夷鮑、つぶ貝のフリカッセと帯広・山西さんのゆりねのフリット和え。
akimikkuni1 (4).jpg

魚料理は、増毛沖・鰤のグリエ 蘭越町の田中さんがつくった丸茄子とピューレ和え ビーツのヴィネグレットソース。
akimikkuni1 (5).jpg

肉料理は、白老町・阿部さんが育てた“あべ牛”のロティ 古村さんのつくった“キタアカリ”のピューレとクレソン添え。
akimikkuni1 (6).jpg

デザートは、国稀純米酒を使ったブロンマンジュ。
akimikkuni1 (7).jpg

コーヒー・小菓子は、増毛あかねりんごのタルト。
akimikkuni1 (8).jpg

今年のテーブルマナー教室は、料理の合間のお話しやクイズ形式でも行われました。


posted by ミクニ at 14:47| 日記